ディストラクション・ベイビーズを観た方の本音・・・!

個人的に感じたストーリーと感想
(的外れの可能性もありますが…)

まず、三津浜や高浜はやんちゃな人が多い土地柄であることと、柳楽くん(兄弟の村上君)には両親が居ないことでグレたり、村上君が同級生にイジメられてその仕返しをしたあたりのシーン(終盤)の時、柳楽君と照らし合わせるシーンがあったのでそういう過去がおそらくあったこと。

そして思春期(?)の時期はワルや、強い者に憧れる時代でもあり暴力をふるって勝つことの楽しみを覚えたのが柳楽君の役ではないのかと思いました。

映画自体についてはリアリティを追求してイかれた作品作るんだ!

変わった映画を作るんだ!

リアルな暴力や悲鳴、血で底知れない恐怖を伝えるぞ!

って安い思いが伝わってくる

空回りしてクソ映画になりましたって感じ

柳楽優弥演ずる泰良はご飯を食べる様に人を殴る。この映画の罪人は泰良や菅田将暉演じる裕也だけのものなのか?彼の狂気を創り上げたものは罪の意識のない世の中のそれなのではないかと思う。

バッキバキの暴力で始まり108分ほぼ暴力シーン。けれど不思議と泰良には不快感は湧かなかった。私も水を飲む様に彼の暴力をただ見つめていた。

そして、ラストの終わり方もよい。泰良に将太がシンクロする。

引用元:https://www.yahoo.co.jp

わりと辛辣なコメントもちらほら・・・って感じでしょうか。

ただディストラクション・ベイビーズは、好きな人はドハマリすると思います。

朗報:ディストラクション・ベイビーズを無料視聴するなら!

良いニュースがあります。

こちらでディストラクション・ベイビーズを無料動画として観ることができました!

まだ終わってないといいですけど・・・

ディストラクション・ベイビーズの動画配信サービス専門サイト

ディストラクション・ベイビーズについて触れたコンテンツ

ディストラクション・ベイビーズは賛否両論ありますけど、まぁ7:3で評価の高い声が多いですね。

ディストラクション・ベイビーズ関連のwebページへ飛ぶ!

個人的にオススメする他の作品!

ディストラクション・ベイビーズに興味あるなら、こんなのどうですか?

■テバク

朝鮮王朝19代、20代王の時代を背景とした韓国ドラマです。

主人公を演じるのはあの有名なチャン・グンソクです。

王の息子に生れながら命を狙われたため、平民として育ちます。

成長とともに真実を知り、自分を陥れた者と戦います。

このドラマで面白かったところはストーリー展開です。

アメリカのドラマのように1話観るとその先が気になり、止まらなくなります。

そもそもテバクとは韓国語で博打打ちということであり、所々命の駆け引きがおこなわれます。

そこがストーリーに緊迫感を持たせていると感じます。

またキャストも素晴らしいです。

チャン・グンソクはシリアスな演技をしつつも、三枚目を演じたりボコボコに打ちのめさせることもあります。

男前でかっこつけているだけだというイメージが崩されます。

そして王様を演じたチェ・ミンスの演技は圧巻です。

王というよりは閻魔大王に見えてくる迫力を見せます。本作は時代劇に抵抗がある人でも是非一度は観てもらいたいドラマです。

ディストラクション・ベイビーズの動画配信サービス専門サイト

さてと、では「ディストラクション・ベイビーズ」の紹介と感想でした!

そろそろ眠いです、ありがとうござんした~!