さよなら渓谷を観た毒舌?辛口?な感想

結局、許す許さない、幸せか不幸か、というのは心の持ちようだけの問題なのだな。

原作を読んでから見たためか、ひとつひとつのシーンの意味が素直に入ってきた。

特にラストシーンは愚直なほど原作を忠実に再現していて、確かにこのシーンを下手に改変したら意味が変わってしまうよな、と思う。

原作の問いを下手な解釈を加えず、そのままインパクトのあるラストシーンにした監督には敬服した。

・・・でもあまりに原作に忠実すぎて、これだったら原作を読んでいれば映画を見る必要ないじゃん、と一瞬だけど思ってしまったのは、ないものねだりの贅沢な期待、だと反省ww

大森南朋さんの兄ということもあり、期待大の大森立嗣監督作品。

真木よう子が体を張ってレイプ被害者を演じているということで、できれば劇場で見たかった作品。

「悪人」の吉田修一原作ということで、テイストはわりと似ているが、事件のあった15年前から物語における現在まで続いている加害者と被害者の葛藤が主要テーマという点で「悪人」とは少々異なってくる。

わからんけど。
レイプされた男にストーキングされて救われるってことあんのか?

引用元:https://www.yahoo.co.jp

世間的には、さよなら渓谷は高評価な部類ですね。

一見の価値ありっていうイメージでしょうか。

さよなら渓谷を無料で観るならココ

さよなら渓谷が気になる~っていう方向けのご紹介です。

今現時点なら、以下のページから無料で観ることが出来ます!

さよなら渓谷の動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

さよなら渓谷について書いてる他のブログを確認!

さよなら渓谷は、色んな考察が生まれていてググるとたくさんでてきますね。

こんなページも人気っぽいです。

さよなら渓谷について書いてる他のブログ

ついでにさよなら渓谷以外の個人的にオススメ作品レビュー

■美女と野獣

昔、ビデオやDVDで何度も見返した美女と野獣の実写版。実は実写版があまり好きではないので、見るか迷っていましたが、エマちゃんの美しさに魅力されました。

アニメの美女と野獣と物語そのものは変わっておらず、それに加え実写だからこそのミュージカル風の演出が素敵でした。

ミュージカルも見たことがあったので、映画も見られてよかったです。

吹き替えを見たので、よくテレビに出ているお二人の声も素敵だったなと思います。字幕も見てみたいです。

美女と野獣は、私にとって怖いシーンがあります。

ガストンが出て来たり、おじいさんが運ばれていくシーンです。

そこも含めて素敵だったと思います。

また、野獣の姿になりつつも、真実の愛を貫き通した2人に涙が止まりません。

最後には、お城から落ち野獣は死んでしまう。

ベルの思いが届き、元の姿に戻る王子。

悲しさでもなり、嬉しさでもありという感想です。

さよなら渓谷の動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

以上、「さよなら渓谷のすゝめ&ほかのオススメ作品の感想」というページでした。

ではまた~