映画「ハクソー・リッジ」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ

映画「ハクソー・リッジ」のフル動画をお届け!

無料で視聴するなら、こちらが似たサービスのなかでも優秀です。

特に「動画見放題&定額レンタル8」コースが、いちばん充実した日々になるはずΣ(o’д’o)

TSUTAYAディスカス

映画「ハクソー・リッジ」|無料

映画「ハクソー・リッジ」の評価コメント集!

一部ネタバレもありますので、苦手な方は読まないくださいね!

信仰の狂気が勝利する瞬間。

信仰における信念から誰一人殺さない。武器も絶対に持たないが、ひとりの国民として戦争には役に立ちたい。それも苛酷な最前線で。
劇中で困惑する上官たちならずとも、ちょっとおかしいんじゃねえかと思うだろう。誰一人傷つけたくないのに、戦争の大義は否定しない。そこには大きな矛盾がある。その矛盾を埋めようという努力を主人公はしない。ただ、現実を自分の信仰の基準に強引にハメ込もうとしている気すらする。
だから衛生兵になって、傷ついた兵士を助けたい。そう固く決意して、本当に実践してしまった男の実話なわけだが、クライマックスで男の信念に捻じ伏せられた。「神様、あと一人助けさせて」と祈りながら、米兵も日本兵も治療し、救出して回る。偽善、と言えば偽善だと思う。が、偽善であってもここまでやれば善なのだ、と本作を観ていると納得せざるを得ない。まさに結果がものを言う。正しいかどうかはわからないが、正直感動した。

ガーフィールド、“日本”と“信仰”との奇縁

ハリウッドスターが日本を舞台にした映画に主演するなど、そうたびたび起きることではない。ところが何の巡り合わせか、アンドリュー・ガーフィールドは時をほぼ同じくして、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙 サイレンス」では江戸時代に来日する宣教師、本作では沖縄戦に従軍する衛生兵として主役を張ることになった。
両作品のもう一つの重要な共通点は、どちらの主人公も敬虔なキリスト教者であり、その信仰心が試される受難が描かれていること。メル・ギブソンは監督作「パッション」でキリストが拷問される凄惨な描写で物議を醸したが、本作でも訓練時のいじめや地獄絵図な戦場での命懸けの救助活動が執拗に提示される。キリスト教圏においてあるいは自明なのかもしれないが、受難に耐え克服する熱情こそが信仰の本質である、より端的に言えば「受難は熱情と同義である」ということを、メルギブは諸作を通じて語っているように思える。

メル・ギブソンの執念が成し遂げた、誰も観たことのない種類の戦争映画

メル・ギブソンの執念を見た。溜まっていたものを全てぶちまけるように、観る側が恐れおののくほどの圧倒的な戦場を描き尽くしている。確かに激戦地で銃弾が、肉片が飛び散る様には凄まじいものを感じた。が、秀逸なのは「人命を奪い合うこと」以上に「人命を助けること」をここまでの壮絶さで描き切った点だろう。奇しくもガーフィールドがロープを駆使して崖から負傷者を下ろす様には『アメイジング・スパイダーマン』、あるいは信仰に生きる『沈黙』の役柄すら彷彿させられた。
また、本作は主人公の半生についてドラマを重ね、彼が「絶対に武器を手にしない」という信念を貫く根拠をじっくりと醸成していく。そこで絡まり合う父親像の素晴らしさをどう表現すれば良いのだろう。ギブソンは弱い者、傷ついた者にどこか優しい。彼自身、人間の底にある弱さを自覚しているからこそ、再起しようとする者にかくも特別な見せ場を用意せずにいられなかったのかもしれない。

理屈を超えた信仰心の崇高さと畏怖

本作は戦争についての映画ではない。実際に主舞台は沖縄の地上戦ではある。しかし、本作は戦争の何たるかについて描いた作品ではなく、一人の男の信仰心について描いた作品だ。彼の信仰を試される場として戦場が設定されているに過ぎない。
もっぱら映画の焦点は、アンドリュー・ガーフィールド演じるデズモンドの信仰を貫く姿勢に当てられる。戦場描写の凄惨さに関して『プライベート・ライアン』と比較されているが、内容に関しては、むしろ同監督の『パッション』を連想させる。どちらも信仰に殉じた男を描くという点で両作は同じ方向をむいた作品と言えるだろう。
宗教的信念により、訓練中も武器を持たず、そのため同僚から激烈な差別を受け、衛生兵として従軍を認められても、戦場で一切の武器を持たず、激戦のなか敵味方関係なく命を救い続ける。その姿は崇高さと同時に狂気をも感じさせる。パッションのキリスト同様、理屈を超えた自己犠牲の美しさと畏怖を描いた傑作。

真似も共感もできない、すごい生き方!

自分には戦争体験がありません。だから本当の意味でリアルかどうかはわかりません。でも、人間は撃たれるとどうなるのか、人間が殺し合うとはどういうことなのかを、臨場感ある映像で突きつけられ、衝撃を受けました。
だからといって、それを反戦に直結させているとは思いません。そんな銃弾や砲弾が飛び交い、自分の命が危険にさらされている状況の中で他人の命を救おうとする、デズモンドの信仰と信念の強さを描いているのだと思います。
彼の生き方は、自分にはとうてい真似できないし、共感もできそうにないですが、人としてすばらしい生き方だとは感じました。と同時に、体制に従わない生き方、自分とは異なる考え方をつい否定的に見てしまう、自分の偏った受け止め方を反省させられました。

※ コメント引用元は「http://eiga.com」です

どうでしょ?

映画「ハクソー・リッジ」|評価コメント集

色んな意見があります・・・(ごくり)

こういうみんなの感想をみていると、また観てみたくなってきますね!

これが書けたら、私も観返したいと思います~!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのレンタル革命!

映画「ハクソー・リッジ」をはじめ、他にも気になる映画やドラマがあるなら「TSUTAYAディスカス」が最高です。

ではここから、なぜオススメなのか?ということについてお伝えしていきますね!

TSUTAYAディスカスの強み

TSUTAYAディスカスの強みは、圧倒的なレンタル業のノウハウの積み重ねになると思います。

映画というと映画館で見た?TSUTAYA?などが日常会話になるほどですから。

それぐらいTSUTAYAブランドは突出しています。

特定の年齢層だけに知られているだけではなく、幼児から老人までTSUTAYAブランドは認知されているのが強みと言えます。

TSUTAYAディスカスの優れている理由

TSUTAYAディスカスは宅配レンタルです。

DVDレンタルの課題は2つあります。

借りにいくのが面倒くさいことです。

TSUTAYAはたくさんありますが、歩いていける距離にはないことが多いです。

返却を忘れたり。また新作などは人気で、何回行ってもレンタル中だったり。これらの課題を解決するのがTSUTAYAディスカスです。

家にいながら好きな映画を借りることが出来るのですから。雨の日なんかは特に映画を見たくなります。

天気の悪い中で、せっかく行ってもレンタル中だったりするストレスがなくなりますから。使わなないのは勿体ないです。

オススメしたいのは、高齢者です。身体が不自由だったりして、外に出られないような方でも宅配なら解決できますので。

実際に利用した感想

実際に利用してみた感想です。

映画などは、見たい作品はほとんど網羅されていました。

流石はTSUTAYAブランドです。

新作から旧作から名作まであります。

家で寝転がりながら選べます。

店舗で膨大な量のDVDの中から探すのは、かなりの手間でしたから。在庫のほうも確認出来るのも良いです。

店に行って→探す→見つからない→店員さんに聞く→在庫なし→ストレス

と言ったこの悪いルーティンから開放されますから。

好きな作品を好きな時間に選ぶこの、TSUTAYAディスカスのサービスは、忙しい今の日本に最適なサービスだと考えます。

もう一つの目玉は、動画見放題!

TSUTAYAディスカスのもう一つの目玉とは!動画配信サービスです。

もちろん動画配信は海外では普及しています。日本にも進出しています。

TSUTAYAもサービスはありますが、まだまだ少ないです。

DVDと動画の両方のサービスを可能なTSUTAYAディスカスですが、今後配信サービスも増やしてもらえれば更に利用したくなります。

返却の手間がなくなりますから。

結論的には、TSUTAYAディスカスは便利で優れています。借りて安心、返すのも安心です。

まさにレンタル革命!です。オススメ致します。

上記で評価コメントをまとめましたが、この映画「ハクソー・リッジ」・・・。

おもしろいですよ。

TSUTAYAディスカス

では「映画「ハクソー・リッジ」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ」でした!

映画「ハクソー・リッジ」|まとめ

SNSでもご購読できます。