映画「忍びの国」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ

映画「忍びの国」のフル動画をお届け!

無料で視聴するなら、こちらが似たサービスのなかでも優秀です。

特に「動画見放題&定額レンタル8」コースが、いちばん充実した日々になるはずΣ(o’д’o)

TSUTAYAディスカス

映画「忍びの国」|無料

映画「忍びの国」の評価コメント集!

一部ネタバレもありますので、苦手な方は読まないくださいね!

過去の遺物ではなく、現代にも通じる存在として忍者を描く

和田竜原作らしい史実と娯楽性が融合した作品に仕上がっている。その映像化を手がける中村義洋監督の手腕も安定感があり、冒頭から一筋縄ではいかない忍者戦をダイナミックに俯瞰したり、物語がコミカルとシリアスの間を行き来する流れを淀みないものとしている。そもそも本作には時代劇を担うヒーローにふさわしい強靭な精神の持ち主など誰一人いない。誰もが自分なりのやり方で飄々と世の中を生き抜こうと考えている者ばかり。

そんな彼らが一連の戦を通して、混沌の時代の中で根無し草のように生きるのか、あるいはそんな中でも自分なりに生きる道を模索するのかの決断を迫られる。この一瞬の心模様に、現代人の扮装をした人々が投影されるくだりが面白い。中村監督が、決して忍者たちを過去の遺物として扱わず、現代人にも通じる存在として映し出している様にハッとさせられたし、鑑賞後には、己もケモノの様に生きてはいないかと、我が身を振り返りたくなった。

伊賀忍者たちが繰り出す異色忍術が効果てきめん!

物量で圧倒する織田勢を迎え撃つ伊賀忍者たちの秘策は、ちょっとした表情や絶妙な間を使って繰り出すユニークな忍術の数々。それにかかった敵兵士たちが、まるで骨抜きにされたようにふにゃふにゃと崩れ去る様子は、いわゆる戦国合戦ものとはひと味違う。独特の緩さが笑いを誘うのだ。
それは、達観主義者で恐妻家の忍者、無門に扮する大野智の役作りにも言えること。だからこそ、そんな彼が本気を出す後半が一気に盛り上がるわけで。ここ最近、度々大手作品の監督を請け負ってきた中村義洋が、久々にこの土壌で本来のユーモアを作品に結実させた異色時代劇は、主演の大野智にとっても代表作となった。

とても面白かった!

元々原作を知らないで観たのですが、アクションシーンがとても迫力があり、忍者という新しい題材でとても観ていて面白かったです!DVD絶対買います!!

笑って油断してるとシリアスだったという緩急

金に汚い虎狼の族忍び対最強織田軍の武士の人間味を双方の役者が上手く演じていた。
オープニングタイトルで挿入される音楽から初回の「川」で心掴まれるも途中少々油断していたら後半辺りから二度目の「川」でまた惹き付けられた。二度目の「川」は息をするのを忘れる凄味。
伊勢谷友介演じる武将日置大膳の愚直なまでに信義を尽くす姿勢は忍びの悪党っぷりを際立たせていた。その主君(國村隼)はさすが少ない出番でも渋すぎかっこよすぎだ。十二家評定衆の下衆さ中でも下山甲斐(でんでん)は滑稽でなんか哀れだなとさえ思った。

大野智演じる無門は前半妻のお国(石原さとみ)とゆる~く掛け合いをしてたかと思えば色のない目をして殺陣で魅せる。終盤の平楽寺で忍びを制止しようとする叫びとその後の哀を含んだ絶叫は心打たれる。この人は声の芝居がいつも見事だ。嘘のない芝居とよく表現されているが無駄がない芝居と思っている。かといって遊びがないとかじゃないんだけど…台詞はやや少ない?がその表情で無門の変化を語っている。
正直見せ場で残念な処理もあったりはするし、もう少し原作よりの闇と言うか暗い色を感じたい気もあったけど概ね良き。ただこの作品の本当の良さは二度目、いえ三度目でわかると思う。取り敢えず映画館まで行って観てみて下さい。…舐めてると怪我するかもよ?

もう一度見たい映画

映画化されるということと史実に基づいている事からほんとの忍者ってどんなものか興味があり原作を読んだ。面白くて何度も読み返し無門、お国、平兵衛、大膳他のキャストもドンピシャだど思いつつ公開をたのしみにしていた。スタートから面白い、タイトルの出し方まで…あっというまにエンディング。原作と違う所にちょっとあたふた。でも又みたくなり二度目見て映画のエンディングの方が好きと気づき、映画館によって音響も違うと聞き映画館もかえたりしながら足を運ぶ度に又みたくなる。ちょっと中毒性のある映画だと思う。

きっとどのキャストもクオリティが高いからだと思うけど中でもそれぞれのシーンで違う声、表情、演技をみせる大野智は最高。やっぱりただのアイドルじゃない。もっと観たかったけど病気になってしまいいかれなくなってしまった。終了の文字を見るとホントにがっかり。地元でのセカンドランを祈りつつ、治ったらもう一度劇場でみたい。劇場でみるから価値がある。

※ コメント引用元は「http://eiga.com」です

どうでしょ?

映画「忍びの国」|評価コメント集

色んな意見があります・・・(ごくり)

こういうみんなの感想をみていると、また観てみたくなってきますね!

これが書けたら、私も観返したいと思います~!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのレンタル革命!

映画「忍びの国」をはじめ、他にも気になる映画やドラマがあるなら「TSUTAYAディスカス」が最高です。

ではここから、なぜオススメなのか?ということについてお伝えしていきますね!

TSUTAYAディスカスの強み

TSUTAYAディスカスの強みは、圧倒的なレンタル業のノウハウの積み重ねになると思います。

映画というと映画館で見た?TSUTAYA?などが日常会話になるほどですから。

それぐらいTSUTAYAブランドは突出しています。

特定の年齢層だけに知られているだけではなく、幼児から老人までTSUTAYAブランドは認知されているのが強みと言えます。

TSUTAYAディスカスの優れている理由

TSUTAYAディスカスは宅配レンタルです。

DVDレンタルの課題は2つあります。

借りにいくのが面倒くさいことです。

TSUTAYAはたくさんありますが、歩いていける距離にはないことが多いです。

返却を忘れたり。また新作などは人気で、何回行ってもレンタル中だったり。これらの課題を解決するのがTSUTAYAディスカスです。

家にいながら好きな映画を借りることが出来るのですから。雨の日なんかは特に映画を見たくなります。

天気の悪い中で、せっかく行ってもレンタル中だったりするストレスがなくなりますから。使わなないのは勿体ないです。

オススメしたいのは、高齢者です。身体が不自由だったりして、外に出られないような方でも宅配なら解決できますので。

実際に利用した感想

実際に利用してみた感想です。

映画などは、見たい作品はほとんど網羅されていました。

流石はTSUTAYAブランドです。

新作から旧作から名作まであります。

家で寝転がりながら選べます。

店舗で膨大な量のDVDの中から探すのは、かなりの手間でしたから。在庫のほうも確認出来るのも良いです。

店に行って→探す→見つからない→店員さんに聞く→在庫なし→ストレス

と言ったこの悪いルーティンから開放されますから。

好きな作品を好きな時間に選ぶこの、TSUTAYAディスカスのサービスは、忙しい今の日本に最適なサービスだと考えます。

もう一つの目玉は、動画見放題!

TSUTAYAディスカスのもう一つの目玉とは!動画配信サービスです。

もちろん動画配信は海外では普及しています。日本にも進出しています。

TSUTAYAもサービスはありますが、まだまだ少ないです。

DVDと動画の両方のサービスを可能なTSUTAYAディスカスですが、今後配信サービスも増やしてもらえれば更に利用したくなります。

返却の手間がなくなりますから。

結論的には、TSUTAYAディスカスは便利で優れています。借りて安心、返すのも安心です。

まさにレンタル革命!です。オススメ致します。

上記で評価コメントをまとめましたが、この映画「忍びの国」・・・。

おもしろいですよ。

TSUTAYAディスカス

では「映画「忍びの国」は動画視聴できない?無料見放題とネタバレ」でした!

映画「忍びの国」|まとめ

SNSでもご購読できます。