映画「裁き」を動画でフル視聴!違法NG

映画「裁き」のフル動画をお届け!

無料で視聴するなら、こちらが似たサービスのなかでも優秀です。

特に「動画見放題&定額レンタル8」コースが、いちばん充実した日々になるはずΣ(o’д’o)

TSUTAYAディスカス

映画「裁き」|無料

映画「裁き」の評価コメント集!

一部ネタバレもありますので、苦手な方は読まないくださいね!

インド社会の理不尽を鋭くえぐり出す

自殺をほのめかす歌っただけで逮捕されるという理不尽さから、表現の自由をテーマにしているかと思えば、それだけに留まらずインド社会全体の大きな矛盾点をたくさんあぶり出すような作品だった。老成した内容だが、監督はこの映画を撮った時にはまだ20代だというのが驚き。

カースト制の名残の残る社会、裁判の決定には階級、思想の違いが大いに反映されてしまう現実。裁判シーンと交互に挟まれる弁護士や、検事たちの日常のシーンにも、カースト制の残滓が見て取れる。自殺するのは下水清掃人だが、カースト制時代には清掃人というのはダリト(不可触民)と呼ばれる、最下層階級の人が就く仕事だったらしい。不可触民というのは、触れてはいけない、姿を見ても、声を聞いてもいけない存在とした扱われたらしい。つまり社会に存在していないかのように扱われたのだ。
そういう男の自殺がインドの社会の理不尽を暴き出すという全体の構造が見事だ。

引きの映画

法廷劇なのに心理を追う気が全く無いのが面白い。
引きの画が主体なのは勿論、役者の配置や動かし方で奥行のある画面を創ろうとするのも好ましかった。

複雑過ぎる社会を赤裸々に。

人種、言語、宗教、貧富・・・(多分)分離し、絡み合い、日本人には解不能に思える社会。一つの裁判を通して、えぐって見せている(のだと思う)。

インドの貧困層における現状浮き彫りに

ある老人の歌によって、自殺してしまった下水処理に従事した男性。この事件で、老人は、自殺を教唆したということで捕まる。インド社会の下層社会の現実が浮き彫りにされる作品である。私にとっては、非常に敷居というかハードルの高い映画であった。

まず、インドの司法制度を理解していなければいけない。インドの社会環境を理解していなければいけない。下水処理(清掃)していた男性は、なぜ自殺まで追い詰められなければいけなかったのか。インドという国を知り得なければ、この映画を十分自己消化して満足のいく評価するのは大変難しいと痛感した。

と、いろいろ述べたが、インドの内情を理解するのは難しすぎて、不覚にもウトウトと寝てしまった。運が良いというべきか。亡くなった男の解剖所見が述べられている場面で目が覚めた。自殺者の日頃の仕事場を訴える場面で目が覚めた。
その環境が大変劣悪であったこと。亡くなった男の解剖所見により、死因は自殺ではなく、○○○であることから、歌手の刑は妥当ではあるが、この映画では、下層社会の実態はあまりにも惨く、その不衛生である現状を、真正面から浮き彫りに描いている作品。

大きく心を揺さぶられました。傑作です。

今年観たアジア系映画では間違いなく一番。インド映画では「きっとうまくいく」以来の感動でした。メッセージ性の強い詞を歌い歩く65歳の音楽家が自殺幇助の罪で逮捕され、その判決を巡って体制寄りだが、やり手の女性判事と、リベラルな人権擁護派の若手弁護士が法廷で争うというストーリー。
単なる法廷劇ではなく、裁判に関わる人間の私生活、インドの普通の人々の日々の生活や日常会話などがリアルに描かれて(自分は実際にインドには行ってないのであくまで想像ですが)いて、そういう点でもとても興味深いものでした。また、インドの法廷、学校なども、日本や欧米のそれとは大きく異なるのもわかり、大いに勉強になりました。

個人的にはインド映画は苦手で、その大きな理由の一つが、皆んなで踊り歌うシーンがやたらと盛り込まれる点なのですが、この映画には一切そういうシーンはありません。それどころか、BGMも一切なし。まるでドキュメンタリー映画のように淡々と物語が進行するだけです。それでも、ひと時も目を放すことはありませんでした。それだけ、脚本と演出が素晴らしいのです。
何の罪もない善良な一般市民が、政府から反体制思想家と疑いを掛けられたために不当に拘束され、社会的に抹殺されていく様が生々しく描かれています。共謀罪が強行採決された昨今の日本でも、とても対岸の火事では無いと強く思いました。

これほど価値の高い映画にも拘らず、東京では渋谷ユーロスペースでの単館上映とは本当に勿体ない‼️一人でも多くの皆さんに観ていただきたい映画です。

※ コメント引用元は「http://eiga.com」です

どうでしょ?

映画「裁き」|評価コメント集

色んな意見があります・・・(ごくり)

こういうみんなの感想をみていると、また観てみたくなってきますね!

これが書けたら、私も観返したいと思います~!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのレンタル革命!

映画「裁き」をはじめ、他にも気になる映画やドラマがあるなら「TSUTAYAディスカス」が最高です。

ではここから、なぜオススメなのか?ということについてお伝えしていきますね!

TSUTAYAディスカスの強み

TSUTAYAディスカスの強みは、圧倒的なレンタル業のノウハウの積み重ねになると思います。

映画というと映画館で見た?TSUTAYA?などが日常会話になるほどですから。

それぐらいTSUTAYAブランドは突出しています。

特定の年齢層だけに知られているだけではなく、幼児から老人までTSUTAYAブランドは認知されているのが強みと言えます。

TSUTAYAディスカスの優れている理由

TSUTAYAディスカスは宅配レンタルです。

DVDレンタルの課題は2つあります。

借りにいくのが面倒くさいことです。

TSUTAYAはたくさんありますが、歩いていける距離にはないことが多いです。

返却を忘れたり。また新作などは人気で、何回行ってもレンタル中だったり。これらの課題を解決するのがTSUTAYAディスカスです。

家にいながら好きな映画を借りることが出来るのですから。雨の日なんかは特に映画を見たくなります。

天気の悪い中で、せっかく行ってもレンタル中だったりするストレスがなくなりますから。使わなないのは勿体ないです。

オススメしたいのは、高齢者です。身体が不自由だったりして、外に出られないような方でも宅配なら解決できますので。

実際に利用した感想

実際に利用してみた感想です。

映画などは、見たい作品はほとんど網羅されていました。

流石はTSUTAYAブランドです。

新作から旧作から名作まであります。

家で寝転がりながら選べます。

店舗で膨大な量のDVDの中から探すのは、かなりの手間でしたから。在庫のほうも確認出来るのも良いです。

店に行って→探す→見つからない→店員さんに聞く→在庫なし→ストレス

と言ったこの悪いルーティンから開放されますから。

好きな作品を好きな時間に選ぶこの、TSUTAYAディスカスのサービスは、忙しい今の日本に最適なサービスだと考えます。

もう一つの目玉は、動画見放題!

TSUTAYAディスカスのもう一つの目玉とは!動画配信サービスです。

もちろん動画配信は海外では普及しています。日本にも進出しています。

TSUTAYAもサービスはありますが、まだまだ少ないです。

DVDと動画の両方のサービスを可能なTSUTAYAディスカスですが、今後配信サービスも増やしてもらえれば更に利用したくなります。

返却の手間がなくなりますから。

結論的には、TSUTAYAディスカスは便利で優れています。借りて安心、返すのも安心です。

まさにレンタル革命!です。オススメ致します。

上記で評価コメントをまとめましたが、この映画「裁き」・・・。

おもしろいですよ。

TSUTAYAディスカス

では「映画「裁き」を動画でフル視聴!違法NG」でした!

映画「裁き」|まとめ

SNSでもご購読できます。