映画「アンチポルノ」フル動画|DVD宅配レンタル&無料で見放題!

映画「アンチポルノ」のフル動画をお届け!

無料で視聴するなら、こちらが似たサービスのなかでも優秀です。

特に「動画見放題&定額レンタル8」コースが、いちばん充実した日々になるはずΣ(o’д’o)

TSUTAYAディスカス

映画「アンチポルノ」|無料

映画「アンチポルノ」の評価コメント集!

一部ネタバレもありますので、苦手な方は読まないくださいね!

ただただ残念。

日活ロマンポルノリブート、ということで始まった作品群だったが、本作のようなものが出てくるのならば、5本では足りないのでは。

何をやってもいいとはいえ、何も伝わらなければ意味がないのではないか。
園子温は何をやりたかったのか。僕にはまったくわからなかった。
こういうわからない映画が出てくると、ロマンポルノは閉塞していくかと思うと残念でならない。ましてや、本作はポルノでもない。

冨手麻妙にもっと強烈な演技力があれば、まだ観られたかもしれないが、彼女には荷が重すぎた。
筒井真理子の50代とは思えないヌードは一見の価値ありではある。

園子温の頭でっかち感満載

ラス2の松竹ロマンポルノリブートで、いよいよ真打ち登場と勝手に期待したのだが、ラスト10分迄、一瞬記憶が遠のく事態へ・・・そう、寝落ちしてしまった。
それ位、脳内での思考の爆発感がついて行けず、置いてけぼり感がハンパ無い作品である。そういう意味では今までの園子温監督の作品とは違った方向制なのではないだろうか。

アイデアとしての、加虐と被虐のスイッチを撮影のカット出しで入れ替わるプロットは面白い。ただ、そもそもこの映画の粗筋の文章をそのまま頭に入れて観てしまうと、まるっきり違う作品を観ているような錯覚に陥る。
別に主人公は女子高生で流行作家でもないのだろうし、妹だっていないのだろう。全ての虚実が意味を成さないそんな世界観の中でのストーリー展開だ。これを馬鹿正直に追っていってしまうと、非常に脳が疲れる。考えることを止めてしまい、いつしか・・・ZZZ
若い女の子よりも、監督の奥さんの裸の方がまさしくロマンポルノ的なのではないだろうかと思うのは小生だけ?監督にはこういう観念的アート作品よりも、もっと猟奇的な作品を期待しているのだけどね。

それにしても、バイタバイタ(売女)煩いのだが、アバズレ、尻が軽い、やりマン、H好き、そして、今風で言えば『ビッチ』となるのだが、わざと昭和感を演出したい監督のいわゆる新宿臭さを醸し出しているようで、浅いなぁと。。。
とにかく、アンチポルノだからポルノではない、その主眼は、逆に裏切ることにあるのだろうが、違うのかな?

理(ことわり)の全くない映画、かといって綺麗でもない。

理(ことわり)の全くない映画、かといって綺麗でもない。
この映画の内容とは、普通の映画の最初の10分なり15分なりの状況説明部分でしてかない。この映画のエンドロールが、最初のテーマソング提示で、そのあと本文があるのであれば、よかったが・・・。

じゃあ絵が綺麗かといえば、そんなことはない。この映画冒頭のシーンの色彩と人の動きは、それだけで全く、腹立たしくなるくらいに、この映画が「遊び」でとられたことを示していて、こんなものに1800円はらったことにすでに後悔する。
汚ならしいのは絵ばかりではない、音も汚らしい。音が汚らしい映画に、ろくなものはない。大きな音で驚かせてごまかそうという意図があるゆえに汚ならしさがます。

秘書役の女性、なかみの設定がないから途中から漂流している。いったいなんなのか?この程度のことをやらせるために、役者は使い捨てなのだろうか?
この内容に「裸は必要なかった」とどなたかがいっていたが同感。
監督が低予算だからドーノコーノとどこかの新聞記事でいっていたようですけど、
低予算だろうが高予算だろうが、あからさまに無駄なことしといて、お金がたりないというのは、ちょっとね。

反卑

ちょっとやっつけ仕事感が感じられた。
ただ適当に前衛演劇っぽい事をやって後付けでアンチポルノという意味あり気なタイトルをつけただけのような。狙ったにしては荒唐無稽なシーンのバックにドビュッシーを流したりとありきたりだし。まあそれすらも狙ってる可能性は高いが、それでもやっぱり僕にははまらなかった。
ただ、主演女優の魅力というか、売れそう感は今までで一番だったかも。

はいはい鬼才鬼才

出だしからいきなり園子温節全開。鮮烈な黄色の部屋と文語体で書かれたようなセリフ。「これを80分も見せられるのか……」という感じ。途中で仕掛けが明かされ、なんだ置いていかれた訳ではなかったのかと思ったのも束の間、再びすぐに園子温ワールドに戻される。裸やセックスを見せながら逆説的にアンチポルノを主張するという発想は興味深いが見事に空回りしていた。
終盤の大量の絵の具をかぶる派手な演出も、壮大に流れる音楽も、全てが自分を置き去りにしていくようで、ただただ呆然としていた。
センスと世界観で殴られているような不快感。

鑑賞後、園子温監督のインタビューを読んだが、園子温は「今ポルノを撮る必要を感じない。ポルノではなくアンチポルノなら撮れると言ったらそれでもいいと言われたので引き受けた。たとえば冒頭の、裸で歯を磨く女性を見ていやらしいと思いますか?僕は思いませんけどね。」と話していた。
「ポルノ=いやらしい」という短絡的な解釈に留まっている故の主張に聞こえる。裸やセックスを魅力的に映し、そこにポルノを見出せないのであればロマンポルノリブートプロジェクトには参加しない方が良い。
アンチポルノでも構わないと園子温監督に拘ったプロジェクト運営側の采配ミスと言わざるを得ない。

※ コメント引用元は「http://eiga.com」です

どうでしょ?

映画「アンチポルノ」|評価コメント集

色んな意見があります・・・(ごくり)

こういうみんなの感想をみていると、また観てみたくなってきますね!

これが書けたら、私も観返したいと思います~!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのレンタル革命!

映画「アンチポルノ」をはじめ、他にも気になる映画やドラマがあるなら「TSUTAYAディスカス」が最高です。

ではここから、なぜオススメなのか?ということについてお伝えしていきますね!

TSUTAYAディスカスの強み

TSUTAYAディスカスの強みは、圧倒的なレンタル業のノウハウの積み重ねになると思います。

映画というと映画館で見た?TSUTAYA?などが日常会話になるほどですから。

それぐらいTSUTAYAブランドは突出しています。

特定の年齢層だけに知られているだけではなく、幼児から老人までTSUTAYAブランドは認知されているのが強みと言えます。

TSUTAYAディスカスの優れている理由

TSUTAYAディスカスは宅配レンタルです。

DVDレンタルの課題は2つあります。

借りにいくのが面倒くさいことです。

TSUTAYAはたくさんありますが、歩いていける距離にはないことが多いです。

返却を忘れたり。また新作などは人気で、何回行ってもレンタル中だったり。これらの課題を解決するのがTSUTAYAディスカスです。

家にいながら好きな映画を借りることが出来るのですから。雨の日なんかは特に映画を見たくなります。

天気の悪い中で、せっかく行ってもレンタル中だったりするストレスがなくなりますから。使わなないのは勿体ないです。

オススメしたいのは、高齢者です。身体が不自由だったりして、外に出られないような方でも宅配なら解決できますので。

実際に利用した感想

実際に利用してみた感想です。

映画などは、見たい作品はほとんど網羅されていました。

流石はTSUTAYAブランドです。

新作から旧作から名作まであります。

家で寝転がりながら選べます。

店舗で膨大な量のDVDの中から探すのは、かなりの手間でしたから。在庫のほうも確認出来るのも良いです。

店に行って→探す→見つからない→店員さんに聞く→在庫なし→ストレス

と言ったこの悪いルーティンから開放されますから。

好きな作品を好きな時間に選ぶこの、TSUTAYAディスカスのサービスは、忙しい今の日本に最適なサービスだと考えます。

もう一つの目玉は、動画見放題!

TSUTAYAディスカスのもう一つの目玉とは!動画配信サービスです。

もちろん動画配信は海外では普及しています。日本にも進出しています。

TSUTAYAもサービスはありますが、まだまだ少ないです。

DVDと動画の両方のサービスを可能なTSUTAYAディスカスですが、今後配信サービスも増やしてもらえれば更に利用したくなります。

返却の手間がなくなりますから。

結論的には、TSUTAYAディスカスは便利で優れています。借りて安心、返すのも安心です。

まさにレンタル革命!です。オススメ致します。

上記で評価コメントをまとめましたが、この映画「アンチポルノ」・・・。

おもしろいですよ。

TSUTAYAディスカス

では「映画「アンチポルノ」フル動画|DVD宅配レンタル&無料で見放題!」でした!

映画「アンチポルノ」|まとめ

SNSでもご購読できます。