【賛否両論】映画・トレインスポッティング1は退屈?でも…

トレインスポッティングを観た毒舌?辛口?な感想

この映画、女の観客が観たら大抵の女は「うぇ」となると思います。

深作欣二監督の傑作ヤクザ映画「県警対組織暴力」を観た時、故・松方弘樹演じる組の若頭のヤクザの、その病的な顔色の悪さに異様さを感じてビビった事があるのですが、後から考えたら多分、(映画の役作りのためのメイクの演出として)日頃から麻薬を常用しているから顔色が病的に悪かったのだと思います。

麻薬をやる人は、ヤクザと切っても切れない間柄になると思いますし、また麻薬をやった時点で実質的にその人もヤクザの仲間入りするのだと思います。

本当の麻薬の恐ろしさはそこにあるのかも知れません。

有名なパッケージで、どんな映画かものすごく気になっていました。

すごくかっこいいとか、オシャレ?な演出っぽい書かれ方をしていたので、ものすごい期待して観てしまいました。

私の中では、「ロックストックスモーキングバレルズ」?でしたっけ?

あんな感じをイメージしていたんですが、私の中では「ロックストック・・・」の方が好きでした。

どうしようもない閉塞感。
映像音楽
キャラクターから
ビシビシとクソさが伝わってくる。
しかも見やすい。
表現力がすごい。

だからはっきり「嫌い」っていう感情も湧いてくる。

自分の状況をすべて環境のせいにして流されるままのくせに
「俺は周りとは違う」とか思ってるやつ嫌いだわー。

引用元:https://www.yahoo.co.jp

世間的には、トレインスポッティングは高評価な部類ですね。

一見の価値ありっていうイメージでしょうか。

トレインスポッティングを無料で観るならココ

トレインスポッティングが気になる~っていう方向けのご紹介です。

今現時点なら、以下のページから無料で観ることが出来ます!

トレインスポッティングの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

トレインスポッティングについて書いてる他のブログを確認!

トレインスポッティングは、色んな考察が生まれていてググるとたくさんでてきますね。

こんなページも人気っぽいです。

トレインスポッティングについて書いてる他のブログ

ついでにトレインスポッティング以外の個人的にオススメ作品レビュー

■psychopass サイコパス

私は、正義とは何かということをこの作品を見て考えさせられました。

全ての人が幸せに暮らせるユートピアな世界を誰もが望むけれど、それはとても難しいことです。

必ずどこかで犠牲者は出ているということを嫌というほど感じました。

また、人々の犯罪係数を測定して世界の安全を管理する執行官たちの持つドミネーターという銃がとてもカッコよくSFアニメだなと感じました。

また、ホログラムやAIなど未来の世界観がとてもよく出ていてSFアニメ好きな私としてはとても楽しめました。

しかし、この作品の最大の魅力はただ単にドンパチするだけの派手なSFアニメでないことです。

特に一期で見られた狡噛と槙島の対等がいろいろな意味で素敵過ぎました。

未来の話のはずなのに、昔の哲学者たちの話を出してみたり、本を読んでいたりと哀愁漂う二人の雰囲気がとてもよかったです。

一期の最後で槙島が狡噛に撃たれるシーンもとても美しかったです。

二期、劇場版と全て拝見しましたが、やはり一期が秀逸だったと個人的には思っています。

トレインスポッティングの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

以上、「トレインスポッティングのすゝめ&ほかのオススメ作品の感想」というページでした。

ではまた~

SNSでもご購読できます。