【ネタバレ注意】クロス・ウォーズの口コミ

クロス・ウォーズを観た毒舌?辛口?な感想

悪と正義の“全面戦争”勃発!

<ストーリー>
ケルト十字架の超人的パワーを持つキャラン(ブライアン・オースティン・グリーン)がリーダーのならず者集団“クロス”は、闇社会のボス・ムエルテ(ダニー・トレホ)の罠にかかり、壊滅の危機に陥る。

その裏では、かつてキャラン達が倒した不死身のガンナー(ヴィニー・ジョーンズ)がムエルテと手を組み、再び人類滅亡を企んでいた。

悪の陰謀を阻止すべく立ち上がったキャランは、昔の恋人であり、時を止める能力を持つライリー(エイミー・ジェーン)と再会。

神の力を宿す最強タッグで人類を救え!

<キャスト>
キャラン:ブライアン・オースティン・グリーン(佐々木望)
ニッティ刑事:トム・サイズモア(各務立基)
ガンナー:ヴィニー・ジョーンズ(長谷川敦央)
ムエルテ:ダニー・トレホ(天田益男)

クロスウォーズは今見れば嫌いじゃないんだろうけど胃もたれしそう…

ぶっちゃけ何も見所がなかった・・・期待せずにみても期待を上回ることもなく・・・C級映画。


引用元:https://www.yahoo.co.jp

世間的には、クロス・ウォーズは高評価な部類ですね。

一見の価値ありっていうイメージでしょうか。

クロス・ウォーズを無料で観るならココ

クロス・ウォーズが気になる~っていう方向けのご紹介です。

今現時点なら、以下のページから無料で観ることが出来ます!

クロス・ウォーズの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

クロス・ウォーズについて書いてる他のブログを確認!

クロス・ウォーズは、色んな考察が生まれていてググるとたくさんでてきますね。

こんなページも人気っぽいです。

クロス・ウォーズについて書いてる他のブログ

ついでにクロス・ウォーズ以外の個人的にオススメ作品レビュー

■夏目友人帳

幼い頃に両親を亡くし親戚をたらい回しにされている主人公にはほかの人には見えない妖が見えるという悩みが。そのせいで周りの人からはおかしな子、変な子と噂されてしまいます。

ですが、心優しい藤原夫妻に引き取られ主人公の新しい生活が始まります。

そんな中、妖に追いかけられてる途中で神社に封印されていた妖、斑(にゃんこ先生)の封印を解いてしまい主人公の祖母である玲子の形見の友人帳を主人公が引き継ぐことに。

友人帳には玲子が負かした多くの妖の名前が書かれており悪用する者に渡れば名前のある妖は逆らうことができません。

それを不憫に思った主人公は血縁である自分なら妖に名前を返すことができると聞き友人帳にある名前を妖本人に返していく事に。

その間にゃんこ先生は主人公の死後友人帳を貰い受けるという約束で用心棒を引き受けます。

人間と妖本来なら触れ合うことのない者同士が触れ合い心を通わすことで切なかったり温かくなったり。

読んだ後に不思議と心が動かされるアニメです。

クロス・ウォーズの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

以上、「クロス・ウォーズのすゝめ&ほかのオススメ作品の感想」というページでした。

ではまた~

SNSでもご購読できます。