奴隷の島、消えた人々の評価まとめ

奴隷の島、消えた人々を観た方の本音・・・!

過去を持つ女性記者が村の秘密を暴こうとした時、予想を超える悲劇が起こる。

それでも前に進もうとする彼女に胸が締め付けられた。

韓国映画に感じる「真実から逃げず、悪とフィルムで戦う」信念のミューズにこの女性記者が見えた。

ラストの名言こそ、監督という職業を選んだ監督の思いな気がする。

塩田奴隷労働事件を元にした話。

ほぼ隔離された状態の中、弱者に対してひどいですね。

ただし、単純な展開にはならないところがさすがですね。
意表をつかれた展開でおもしろかった。

予想以上に面白かったです。これぞ韓国映画!って感じ。

引用元:https://www.yahoo.co.jp

わりと辛辣なコメントもちらほら・・・って感じでしょうか。

ただ奴隷の島、消えた人々は、好きな人はドハマリすると思います。

朗報:奴隷の島、消えた人々を無料視聴するなら!

良いニュースがあります。

こちらで奴隷の島、消えた人々を無料動画として観ることができました!

まだ終わってないといいですけど・・・

奴隷の島、消えた人々の動画配信サービス専門サイト

奴隷の島、消えた人々について触れたコンテンツ

奴隷の島、消えた人々は賛否両論ありますけど、まぁ7:3で評価の高い声が多いですね。

奴隷の島、消えた人々関連のwebページへ飛ぶ!

個人的にオススメする他の作品!

奴隷の島、消えた人々に興味あるなら、こんなのどうですか?

■映画「怒り」

この映画は2016年9月17日に渡辺謙さん主演で映画化されました。

原作は吉田修一さんの同タイトルの小説です。

この映画は一組の夫婦が殺され、その犯人と疑われる3人の男性を取り巻く愛と疑惑の葛藤を描いた群像劇です。

疑われる3人の男性が綾野剛さん、松山ケンイチさん、森山未來さんです。

その3人を中心にした3つのストーリーと殺人意見のストーリーが展開していきます。

みんな自分が親しくなった素性の分からない男性を信じたいけれどもしかしたら犯人かもしれない。その葛藤が一つの見どころです。

どの俳優さんもとても感情表現が豊かで素晴らしく、のめりこんでしまいます。

また、タイトルでもあるこの「怒り」は犯人が抱いている理不尽な「怒り」と犯人に対して信じていたのに裏切られたという「怒り」の二つが表されています。

信じていたからこそ許せなかった怒りはとても切なく、悲しい気持ちにさせられますがとにかくキャスト全員の気迫の演技が圧巻で、見応え十分の映画であることは間違いありません。

奴隷の島、消えた人々の動画配信サービス専門サイト

さてと、では「奴隷の島、消えた人々」の紹介と感想でした!

そろそろ眠いです、ありがとうござんした~!

SNSでもご購読できます。