【ネタバレ注意】ホワイト・バレットの口コミ

ホワイト・バレットを観た毒舌?辛口?な感想

The 職人芸
ジョニー・トーが軽くサラッと撮った感じに見えるけれども、そのサラッとがすごく上手い。

ポチョムキンなどの映画オマージュも。

ジャムる拳銃のアップなど、相変わらず銃器描写がクールです。

階段落ちはエイゼンシュテインだったか

ハードなアクションかと思いきや意外、残酷不条理劇の色味を帯びた物語。

縦横無尽に動くカメラが捉える病室での銃撃戦は勿論、その一歩手前で犯人が手洗いから逃走する際に起こる銃撃戦の動線設計が見事。

発砲までのサスペンスも、発砲からのアクションも最高。

容疑者達が警察を見事に翻弄する行動が憎らし過ぎて堪らない!病院内だ…

容疑者達が警察を見事に翻弄する行動が憎らし過ぎて堪らない!

病院内だけの物語と思えない深いストーリーと最後の銃撃戦は芸術性と残虐性を兼ね備えていて素敵デス☆

引用元:https://www.yahoo.co.jp

世間的には、ホワイト・バレットは高評価な部類ですね。

一見の価値ありっていうイメージでしょうか。

ホワイト・バレットを無料で観るならココ

ホワイト・バレットが気になる~っていう方向けのご紹介です。

今現時点なら、以下のページから無料で観ることが出来ます!

ホワイト・バレットの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

ホワイト・バレットについて書いてる他のブログを確認!

ホワイト・バレットは、色んな考察が生まれていてググるとたくさんでてきますね。

こんなページも人気っぽいです。

ホワイト・バレットについて書いてる他のブログ

ついでにホワイト・バレット以外の個人的にオススメ作品レビュー

■バジリスク〜甲賀忍法帖

徳川第三代将軍となる後継者選びの為、家康の一言で始まった甲賀の里の忍者と伊賀の里の忍者の争いと愛の物語。

両者10人ずつの精鋭の忍者を集め、残り1人になるまで殺し合わなければいけない状況の中、次々に死んでいく仲間や恋人達の中で本編の主人公、甲賀卍谷の弦之助と伊賀鍔隠れの朧は恋人同士であり、互いに相手を思いやるも最終的には殺し合いという運命には逆らえないという物語に切なくなりました。

ラストシーンは涙で直視出来なかったくらいです。

甲賀忍や伊賀忍の1人1人のキャラ設定もよく出来ていて、見てて飽きない所は素晴らしいです(ちなみに私のお気に入りキャラは室賀豹馬)

漫画や実写映画化(仲間由紀恵・オダギリジョー主演のSHINOBI)にもなっていますが、私は断然アニメで見る事をオススメしたいです。

ホワイト・バレットの動画配信サービス(無料)|ここをクリック!違法ではありません

以上、「ホワイト・バレットのすゝめ&ほかのオススメ作品の感想」というページでした。

ではまた~

SNSでもご購読できます。